So-net無料ブログ作成
検索選択

腰が痛いです [日常雑記 略して日記]

相変わらず腰痛とのお付き合いは続いています。
このまま腰痛と結婚しそうな勢いです。

先月後半の月箱さんでの個展、月曜からの個展と、非常にタイトなスケジュールを組んでしまいました。
自然、パソコンに向かう時間が長くなり、腰痛の悪化に繋がるという悪条件でして。
ちなみに来月初めにはデザフェスが控えています。

月箱さんのの箱主仲間はみんな、展示があるとなると素晴らしいDMを作ります。
私は、去年は久々に作って、月箱さんに置いて頂きました。それだけ。誰にも送っていません。
その前数年と、今年は作りもしませんでした。
DM作る暇があるなら作品作れよというぐらいギリギリまで何もしないのと、逆に作品しか作る時間がないからDM作れないのと、作った(と言うか、知り合いにばかり送った所で)何があるのかい?という理由で。

私、個展で芳名帳的な物を置かないんですよ。知らない人の個人情報持つの怖いから。
あと、月箱さんにせよ月曜からの会場にせよ、私が年柄年中その場にいる訳じゃないので、書かれた個人情報の管理が非常に難しいのです。
(なので月曜からの個展の会場に置かせていただくのは「感想ノート」で、「個人情報は書かないで」って注意書きしている)
だから自然と送る相手は知り合いばかりになる。
それならTwitterでいいじゃん、と。

あとね、嫌なんですよ、身内(友達とか)しか見に来てくれる人がいないって言うのが。
あー違うな、身内が「『義務として』時雨の個展(もしくは参加している展示)があるから見に行かなきゃって考え」で来てくれるのが嫌なんです。
身内フィルターのかかった見方で「いいね」って言われるのが嫌なんです。
「いいね」なら何のフィルターもない言葉が欲しいんです。
フィルターをかけるぐらいなら、私を知らない人や興味のない人みたいにスルーしてくれよ、と思うんです。


今回は珍しく、猫がテーマの写真展です。
A4が看板含めて9枚、B2が2枚、全て猫。
1匹だけ2枚ありますが、他は全て別々の猫。

先月田舎に行った時、おかんぬたちの実家(今は代替わりして従兄宅になっている)で猫を飼っていると教えられ、目が光りましたよ。猫大好き。
しかしこの猫さんが一筋縄ではいかない猫さんで。
保護猫なんですよ。元被虐対猫の。
だから飼い主である従兄には懐いているけれど、初心者には警戒する。
私はうっかり、猫の逃げ道を塞ぐようにして手を出したので、引っ掻かれました。両手。
「おーごめんよ、道塞いじゃったね、びっくりしたね」と言いながらこそこそ追いかけて行く私。
警戒はするものの敵意はないのか、その後に逃げ場が充分ある状態で鼻に指先を近付けたら、ふんすふんすとニオイをかいで…ふいっと横を向かれました。哀しい。
でも、少し撫でられるのは嫌ではないのか、頭をちょっと撫でさせてくれました。
近所のノラ猫をエサなしで半年程で手懐けた事で、ちょっと調子に乗っていました。
田舎に行った数日後、そのノラ猫とイチャイチャして(推定:メス)いた時に、頬を撫でていたら甘噛みされましてね。もういつもの事なんですが。
「おばさんはね、何日か前にぬこさんにひっかかれたから、それぐらい痛くもなんともないです」
と、ノラ猫に向かって話しかけていました。
最近、その猫を見かけて、(私が勝手に名付けた)名前を呼ぶと「にゃん」と言いながら近寄って来てくれるんですよ。でれでれ。
そのノラ猫の写真もあります。
引っ越して来た頃によく駅前にいた、めちゃめちゃ人なつこいノラ猫の写真もあります。

別に、猫写真展をしようと撮り溜めていた訳ではないです。
個人的に猫が好きなだけで。
ただ、同じ会場であさぎさんと二人展をした時に、感想ノートに「猫の写真が見たかった」というお言葉を頂きまして、「それならやるか」と唐突に思い付いて、あさぎさんはいろいろな展示やイベントに参加していて忙しいので(今も参加しているイベントが開催中)、今回はひとりでやるかと、2か月前に会場に予約を入れました。

ユニットを組んだからと言って、その時限りでもなく、べったりユニットでばかりやるのでもなく、個人個人それぞれいろんな事をやって、例えばデザフェスなどの時に「2人で出るかー」「おー」ぐらいの緩さが私たちにはちょうどいいのです。
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。