So-net無料ブログ作成
検索選択

ヤバくね? [日常雑記 略して日記]

参考書の存在に気付かず、過去実問題集を買った秘書検定2級。

image-20160126232007.png

お尻に火が点く寸前になってやっと解き始め。
1日に1回分。
理論60%以上+実務60%以上→平均60%以上でないと不合格で(平均60%でも、どちらがが60%に満たないと不合格)、実務で3回50%台をやらかしてるので、これはかなりマズい。
で、今日6回分が終わり、平均正答率を出した。

image-20160126232252.png

かなりギリギリ。
社外文書はテンプレあったし、そもそも「拝啓」とかで始まるような文章には縁がなかったし、電話応対は自分の知識の中の丁寧語謙譲語尊敬語で済んでたから、試験の枠からは少々はみ出してても、それで物事は進んでたんだよね。むしろオペレーターやら接客やってた時は対応を褒められたぐらいだ。
だがしかし、試験は試験、試験の枠内に存在する言葉からセレクトしなくてはならぬ。
仕事では「お忙しい中」で済んでいたが、試験では「ご多忙中」でないと認められないかもしれない。
(マークシートよりブレがある筆記の採点が難しいので、正答にきっちり合わせて採点すると表記ブレのせいで必然的に実務の点数が低くなる)

試験まであと1週間ちょい、実問題集の見直しや、付録的なマナーブックを読み込む。

秘書検定は年に3回あるので、年内に合格すればいいなー、と、逃げを打つ。←
(でも受験料が結構イタいので、せめて2回で合格したい)