So-net無料ブログ作成

気候 [Traveling]

桜満開、東京です。
明日、隣町(徒歩で行けなくもないがチャリで行きたい。電車は乗るだけ無駄、バスは割高)に、Wi-Fiモバイルルータの機種変に行こうとしたのですが、明日は雨らしいので明後日にします。
まだ桜は散らないといいなぁ。

数年前まで、あんたはアホかと言うほどライブ遠征をしていて思った事。

遠征先の地元の人に、「そっちって夜肌寒い?」など、服装の相談をしてはいけない。

…と申しますのも、かつて札幌に知り合いがいた頃、6月に札幌に行く事になりまして、何せライブなので確実に半袖(春ツアーも秋ツアーもゆくくるも)、東京は6月は蒸し暑い日もありほぼ半袖ですがしかし札幌、所謂梅雨のない北海道。
(梅雨みたいなものはあるらしいですが)
「上着、パーカーがいいかな、それとも薄手のシャツで大丈夫かな」
と知人に相談したところ、
「薄手のシャツで充分だよ」
との返答。
それなら間違いないなとそんなに厚手ではないシャツを上着に持って行ったところ

寒い。肌寒いじゃなくて寒い。

昼間は暖かいんですよ。でもライブ後のわたくし、せめてネルシャツが欲しいと心の奥底から思っていました。

落ち着いて考えてみますと当然の事でした。
彼女らはその気候の中で生活をしている、しかし私は東京の気候の中で生活している。
肌感覚が違うんですよね。
以来、私が訊かれた場合は、過去天気を参照して、今の東京は最高気温と最低気温がこれぐらい、数値的にはそっちの◯月と同じぐらいだよ、という具体的な伝え方をします。

その後、
・大阪の年末は東京より寒い
・11月の静岡の夜は意外に寒い
・広島は東京より先に雪が降る
・11月の札幌に行く時は、都内移動用と現地移動用の上着を分けなくてはならない(重ねて書きますが、ライブに行く時は夜+半袖なので確実に)
・6月の名古屋はホテルから出る気力を失うほど蒸し暑い
・ミッチーのライブ遠征は降水確率が低くても折り畳み傘持ってけ(←)
…という事を学びました。

(最後は半分ぐらいどうでもいいんじゃないかな)

共通テーマ:日記・雑感